top of page

見えない人の見える範囲は

私は全盲ですから全く目が見えません。

しかし、歩いたり、物を取ったり捜し物を見つけることができたり、いろいろなことができます。

私にとって、目の代わりをするのが手であり、足であり、空気や音、時々匂いです。

そして、白杖を持てば、白杖の長さ分見える距離が広がります。

道路を歩いたりするときは、勝手に自分の地図を頭の中に描き、見えているつもりで歩きます。

この見えているつもりというのがくせ者で、自分の頭の地図と実際の状況にギャップがあると大きなトラブルを起こします。

二十歳前後の頃、大阪の日本ライトハウスで歩行訓練を受けていました。

私は先生の言われた通り、電車からホームに降り、そのまま階段へ向かい降りようとするといきなり

「おまえ、今から自殺するのか?」

と先生の声。

私の頭の地図は階段でした。でも実際の目の前は線路でした。

また、超音波眼鏡の訓練をしていた頃の話。

超音波眼鏡は物体が5メートルの所から音で識別できます。

右側にあるのか、左側にあるのかどのような材質なのか様々な情報を音で知る事ができます。

そして、白杖で歩くのに慣れている私は、物体があるとそこから逃げようとしてしまいます。

当たり前です。そのまま歩けばぶつかるのですから。

しかし、これをホームの上で行うとどうなるか・・・。

自然と何もない線路に導かれ・・・。

ホーム転落になるわけです。

超音波眼鏡では物体から逃げずに、左の方を物がすり抜けるように歩きなさいと何度も指導されました。

さて、ここからが今日の本題。

あるホールで、香織ちゃんと店を探して歩いていました。

香織ちゃんは広告などを見るため止まっていましたが、カラちゃんはそのまま歩き続け、いきなり私は顔をぶつけました。

何の予告もなく顔をぶつけたので、痛いのと驚いたのと頭にきたのと・・・。

それは飲食店のシャッターで私の顔の前まで降りており、下は大きく通れるように開いていたためです。

店にクレームを付けに行こうと思ったのですが、ちょうど電話がかかってきたのでお客様と話をしました。

そんなことをしていたら、なんだかクレームを付けに行くのが馬鹿らしくなり、結局何もしませんでした。

でも、これはとても危ない事なので、クレームではなく、ちゃんとお店にいう必要があるかもしれません。

香織ちゃんに言わせると、町中では居酒屋の様に夕方から営業するお店で時々見かける風景とのこと。

結論、盲導犬と歩いて居る時は私の見え方はカラちゃんに依存しており、すべてカラちゃん任せになっていたのでした。

杖だともしかして気配で感じてぶつかっても、まともには当たらなかったかもしれません。


最新記事

すべて表示

通学定期の実態

今日からかずくんの定期券を買って、通学してもらおうかと思いました。 そこで、香織ちゃんにかずくんの定期の購入をお願いしました。 しかし・・・。 いわゆる通学用の定期券を買うには、その学校がJRと契約をしていないと定期券は買えないとのことがわかりました。 それならメトロで通学してもらおうと、メトロの売り場に行くと、JRに習っているのでだめとのこと。 そして、先方の言うには、「小学生でも通勤定期なら買

再び、木の伐採

昨日はジロ イタリアを100約2時間見てゴールまで確認してから寝ました。 香織ちゃんは寝ているのかと思ったら、人が起きていると気になるのか寝ていませんでした。 ということで今日はちょっと眠たい感じで目が覚めました。 私の最近の朝食は特選バーターコーヒーです。 ネスプレッソのコーヒーに「ギー」を入れて飲んでいます。 これがとても健康によいということで1週間続いています。 その本には健康に悪いものの一

Rivo3の動画撮影

今日は5月18日に行うRivo3の説明会のための動画の収録を会社で行いました。 「実際に操作するのではないの?」と疑問の声が出そうですが、目の前での操作は思わぬハプニングもあり、ちゃんとみなさんに伝えたいことが伝わらない可能性があります。 しかも説明会を3回行いその3回に同じ事を話すのもなかなか大変。 話すだけなら資料を参考に点字で簡単に読みながら話せますが、機器を説明しながらですので点字を読むこ

Comments


bottom of page