top of page

くら寿司、1人で注文!?

今日の夕方は友達がRivo3を見に来てそのまま食事に行く約束をしています。

そして朝目が覚めたら妙な夢を見ました。それが夢を見たのか自分が何となく考えたのかはよくわかりません。

夕食は香織ちゃんと3人でくら寿司に行き、スマホで注文しようそんな夢のような寝ぼけた話でした。

そして、実際にRivo3の説明が終わった後、どこで食事をするかの話になり、くら寿司でスマホを使って注文できるカモという話をすると乗ってきました。

そこで夕飯はくら寿司に決定。

3人でくら寿司に行き、まずは香織ちゃんのスマホでカメラを使い、テーブルのQRコードを読み取ります。

そして、VoiceOverを使い、無事にビール2杯の注文が完了しました。

私はそのまま香織ちゃんのiPhoneを借り、お鮨の注文。

友達も香織ちゃんのスマホで無事に注文できました。

すると自分のスマホでやりたくなります。

最初は会員登録など面倒なのかと思ったら、実際にはカメラアプリでかざすだけでsafariが起動しテーブル番号も出るではないですか?

いやあこれは簡単です。

それから香織ちゃんと私と友達の3人はiPhoneで注文をしていました。

でも、電波の調子が悪いのか、何度もフリーズして、注文は思うようにはいきません。

しばらくして香織ちゃんが「3人で食事に来たのに1人で食べて居るみたい」

と一言。そうそうこのシーンも夢にあったかも。

そこで私も友達もiPhoneは辞めて、注文担当は香織ちゃんになり、会話を楽しみました。

あまり食べていないのに、気がついたら20時。

くら寿司には2時間半も居てしまいました。

仮に自分で注文できなかったとしても、メニューを読めるのは楽しいことでした。

iPhoneをRivo3で使用出来れば様々なユニバーサルなことが実現できる素晴らしい社会なのだと私は実感しました。

「スマホが出来ない人はどうするのだ!」

とお叱りの声が聞こえてきそうですが、これからの時代はスマホが必須。

視覚障害者も積極的に覚えると社会も変わり、もっと見えない人にも暮らしやすい社会が来ると私は確信しています。

目が見えないからできないのではなく、本気で覚える気がないからできない、

そう自分を励まして、スマホと仲良くなりましょう。

くら寿司の注文だけならRivo3なら、ボタン5つがおssええrrええば  

、十分かな?

最新記事

すべて表示

点譜連のつどい

最近、ブログがあまり書けません。 忙しくて時間が取れないのが一番の理由です。 毎日、様々なことが起こって充実した時間を過ごしています。 そして、今日もスケジュールがいっぱいです。 7月1日からラビットのWebゲームサービスが始まりました。 早速、「動物村探検ゲームで次のラウンドに進めない」という声を頂きました。 すぐに修正しようと思いましたが、プログラムの場合、集中していない状態で修正すると、余計

運がいい??

今日は3時頃目が覚めたので、動物村探検ゲームの動かない部分を直していました。 しかし、頭が働かない。 いくらやってもなおらない・・・。朝4時前に再び横になりました。 でも、気になって寝られない。そこでふと考えました。 うまく行かないことを悩まず、うまく行く方法でまずは動かそう・・・。 そして6時前には今まで通り動く動物村に復活しました。 私としては少し不満なのですけど。 そして朝7時頃。 香織ちゃ

感動のインタビュー

今日も2時前に目が覚めてしまったので、いろいろプログラム関係のことをしていました。 まず、みんなDEじゃんけん、このデバッグ処理をしました。 ちゃんと音声を出してテストしてみるとこれがなかなか面白い。 見える人は何でもすぐ、瞬間に結果が画面でわかります。 見えない私たちは音で聞くしかありません。 この聞いている時間のちょっとしたドキドキ感。 自分で作りながらこの「みんなでじゃんけん」はあまりに単純

Comments


bottom of page